オーディション写真のフォトスタジオ

ここではオーディション写真を撮る際に、フォトスタジオを選ぶポイントをいくつか提案します。写真が上手で料金が安いに越したことはありませんが、実際は撮影してみないと分からないものです。同じスタジオでもカメラマンによって異なることもあります。フォトスタジオのHPをきちんと見て、周りの口コミを聞いた上で、以下のポイントも判断材料に入れてください。


オーディション写真を撮ってくれる

フォトスタジオのメニューの中にオーディション写真があるかどうか見てみてください。オーディション写真を普段から撮影しているスタジオであれば、メニューに出ているはずです。メニューになければ、あまりオーディション写真を撮っていないのかも知れません。

 

選ぶなら前者のスタジオの方がいいでしょう。撮り慣れていることで様々なノウハウや、有益なアドバイスがもらえるメリットがあります。オーディション写真に精通していないフォトスタジオでは大げさなポージングや、スタイルを生かせない立ち方を指示してしまうことが考えられます。

HPに掲載されているサンプル写真を見て、自分が撮って欲しい写真のイメージに近いものがあるかどうかも見てみましょう。 

ヘアーセット、メイクアップをしてもらえる

多くのフォトスタジオではメイクスタッフが常駐しており、撮影とセットもしくはオプションでヘアーセットとメイクをしてもらえると思います。ヘアーセットやメイクアップが苦手であれば、ぜひ利用した方がいいでしょう。オーディション撮影に慣れたメイクさんであれば、程よい感じに仕上げてくれると思います。

 

ちなみに、オーディション写真の基本はナチュラルメイクです。普段は流行りのメイクをしていても、撮影の時は控えましょう。すっぴんとまでは言いませんが、それに近い方が顔立ちの見え方がわかり易いでしょう。つけまつ毛は無くてもいいと思います。ヘアースタイルもシンプルにまとめましょう。前髪が目にかからないように、顔の輪郭を過度に覆わないように注意しましょう。 

写真の修整、レタッチが出来る

フォトスタジオの設備でプロのカメラマンに撮影してもらえば、もちろんそれで十分にきれいなオーディション写真が出来上がります。しかしながら書類選考は写真勝負、写真のクオリティーは高いほど可能性も広がるというものです。そこで写真のクオリティーを上げる手法として、写真の修整があります。修整とはスマホの加工アプリを思い浮かべてもらえばいいかと思います。アプリだとスマホが勝手に仕上げるため、イメージと異なる仕上がりになることが多々あります。

 

ところがフォトスタジオのプロの写真修整であれば、人の手で細やかに手を加えるため実際より盛りすぎず、不自然な顔立ちやスタイルにならずに、さらに美しく仕上げることが出来ます。過度な修整はお勧め出来ませんが、写りが心配な場合は遠慮無く利用しましょう。修整が入っている写真とそのままの写真とでは、完成度に差が出来ます。

写真のデータがもらえる

書類選考には写真プリントを添付するのが常です。しかし複数のオーディションを受ける予定がある場合には、プリントが足りなくなることも考えられます。写真のデータをもらえるのなら必ず手に入れておきましょう。データがあれば再撮影しなくとも自宅のプリンターや、お店のプリント機械を使って写真をプリントすることが出来ます。

 

撮影にかかるコストを考えた場合、データから自分でプリントする方がはるかに安上がりです。なお、ウェブ応募ではむしろデータは必須です。ウェブからのみの応募というのもありますので、やはりデータは安価に頂けるのが嬉しいですね。


以上の点はフォトスタジオを選ぶときにチェックしてみてください。フォトスタジオによって料金やシステムは異なりますので、事前にHPをよく読んだ上で、不明な点は問い合わせるなどして納得のいくところを選びましょう。

 

さらに、撮影する自分自身のニーズを撮影時に伝えることで、より有益にフォトスタジオを利用出来るでしょう。例えば何のオーディションを受けるのか、どんなポーズで撮りたいかなど目的や表現が定かな方が、スタイリングもまとまるしカメラマンも撮り易いし、仕上がりが気に入ったものになり易いと思います。