カメラを選ぶ

カメラを選ぶのは簡単なようで難しい。プロのカメラマンとしてはこだわって選ぶところであるし、商売道具になるわけだからいいカメラを使いたくもあるし、かと言って予算には限りがあるしで、いつもカメラを選ぶのには慎重になる。プロのカメラマンの多くはN社かC社のカメラを選ぶのだろうし、その中のフラッグシップ機かその一段下位モデルを使っていると思う。最近のメーカーの動向を観察すると、コンデジと高級コンデジ、ミラーレス一眼にエントリークラスの一眼デジタルカメラ、ハイアマチュア向け一眼デジタルカメラ、そしてフラッグシップという格分けが如実に現れている。

各セクションでメーカーは異なるターゲットをにらんでいるのだろうけれど、それにしてもハイアマ以上向けのカメラの高価なこと。プロカメラマンは儲かっているだろうと思われているのかもしれない。価格だけで考えると下位機何台買えるだろうと言うような値段がするので、みっともないですがぼくはなかなか手が出せない。何とか理由を付けては下位モデルを選ぶようにしています(笑)

 

みなさんカメラを選ぶ基準はそれぞれお持ちでしょうけれど、ちなみにぼくがカメラを選ぶ場合には頑丈なこと、シンクロターミナルが付いていること、CFカードが入ること、ファインダーの見やすさなどで見比べているのです。そうすると自然とランクも価格も上がるのですが…。業務であちこち持ち運びもするので頑丈さは、カタログの表記以上に持った感覚的な部分も含めて大切です、だから通販じゃ絶対選ぶことは出来ない。

軽すぎると長いレンズ付けたときにマウント部分が心配です。ちなみにカメラもレンズもマウントが曲がると光学精度が発揮されなくなり、サービスセンターに修理に出してマウント交換してAF精度を再調整しなくてはなりません。業務用の大型ストロボを使うので、シンクロコードを接続するシンクロターミナルは付いていないとイヤです。カメラのアクセサリーに外付けのシンクロターミナルもあるけれど、ホットシュー位置からコードが伸びるのがイヤだし、ワイヤレス通信も可能なのですが万が一無線が効かなくなった場合に、スマートに有線接続出来るようにしたいですね。常々何が起こっても可能な限り対処出来るようにしておく。

PCとのデータ転送もケーブルで行えば、記録メディアは大きなトラブルにはならないかも知れませんが、やはりCFカードの方がSDカードより物理的に安心出来る。ファインダーは肉眼で覗くものだし、生理的に見易いファインダーでなければストレスが溜まります。ぼくは基本的にライブビューは使いません。ファインダーの視野率は100%、倍率も100%に限りなく近い方が好もしい。

 

カメラを選ぶにしても毎年のように各メーカーから新製品が発売されてその都度、基本性能がアップデートされて新たな付加機能が増えて行くのですが、どれほど便利になっても使わない機能は使わないまま。利己的カメラマンであるぼくは顔認識とかカメラ内RAW現像とか写真編集とかスライドショーとか、縦位置バッテリーグリップもいらない。いつの日か、自分に最適な機能を選ぶことが出来るセミオーダーカスタムみたいな、そんなサービスが出来ないものかな。PCのカスタムみたいに、カメラマンが必要とする機能を選んでいくシステム。もちろん既製品とは言えど様々なカメラマンの要望を反映させて、メーカの方は頑張っていらっしゃるのだろうけれど。