グラスターゾル

フォトスタジオの撮影において、特に商品撮影となるとたくさんの機材や道具が必要となってきます。ポートレートを撮影する際にヘアーセットやメイクが入るように、商品を引き立たせるために何やかんや一手間、二手間かけてあげることもしばしば。そういうの専門のスタイリストさんもいらっしゃいますからね。

 

商品撮影ではバック紙よりも、アクリル板を使うことが多いです。もちろん商品のサイズや撮影のオーダーによるのですが、透過物や反射体、小さな商品の切り抜き撮影ではアクリル板を多用します。アクリル板と共にアクリルブロックも多数用意しておくと、商品のセッティングにとても役立ちます。ついでに、切り抜き撮影について簡単に触れておくと、商品撮影のポピュラーな撮影依頼としてよく承ります。商品の輪郭をPhotoshopで切り抜いて別の背景に組み合わせることが出来るようにするための撮影、と言えば想像できるでしょうか。撮影自体は無地の背景に商品をセットし、商品の輪郭を囲うように黒締めするというのが基本です。

 

このようにアクリルを多用すると、当然ながら汚れてくる。撮影中にもすぐ汚れる。そしてテープの糊とか接着剤とかがなかなか綺麗に拭けない。アクリルの汚れって結構目立つし。汚れっぱなしにしていると納品のデータ作成の時に消す必要が出てきて、1枚2枚ならば作業効率を考えるとそれでいいのだけれど、枚数が増えるといちいち消すというのが途方もない作業になる場合も起きます。そもそも後処理ではなく撮影段階で完成度を高めるのがセオリーと考えると、単に自分がサボっているだけなので自業自得です。三流フォトグラファーです。何とか簡単にアクリルをきれいに出来る洗剤はないものかと考えていたところ、いいものを見つけました。

 

ぼくはグラスターゾルというガラスクリーナーがお気に入りです。スプレー式でガラスや鏡に吹き付けて拭き取るだけで、サッと綺麗になるばかりかほこりにも耐性が出るというから感心です。確かに吹き上げた後はサラッとして、ベタベタ触らない限りほこりとかついてもブロアとかで簡単に取れます。丁寧に拭けばムラも出にくいと感じています。アクリルへの効果は特に明記されていないので個人的な感想ですが、アクリル板やアクリルブロックに使っても案外きれいになるわーと思っています。もちろん、鏡とかガラスも簡単に綺麗になります。グラスターゾルは日本磨料工業株式会社さんが作っているのですが、金属研磨剤としてピカールの方が有名かも知れませんね。

 

こういう商品に出会うと、ほんっと日本の企業ってすげぇなーと改めて勉強になるんです。と同時に洗剤一つとってみても色んな用途に適した商品があって、うまく選んで使えば何かと道具も長持ちさせられるよね。

 

グラスターゾル ホームサイズ 310ml
グラスターゾル ホームサイズ 310ml

グラスターゾルホームサイズ

日本磨料工業株式会社の商品。スプレータイプでガラスや鏡、オフィス家具などの汚れ落とし、艶出しの効果があります。また、普通に使うだけで汚れの再付着を少なくしてくれます。

テレビ、PCのモニター、すりガラス、ニス塗りやうるし塗装面には適していませんので注意が必要。

310mlのグラスターゾルホームタイプと500mlのグラスターゾルジャンボがあり、別バージョンで液体状のタイプや車用のグラスターゾルオートなど、多種多様のラインナップがあります。

 

グラスターゾル ホームサイズ 310ml

参考記事

シールはがし