ローライコードVbの特徴

こちらではローライコードの特徴を見せながら使い方の補足、撮影の際の操作方法の説明を行います。実際に操作するとこのカメラの魅力がより一層深まります。


多重露光が出来る

ローライコードVb 二重露光防止スイッチ

古いカメラではフィルムカウンターの無いカメラ、巻上げのストップ機構の無いものもありました。そういうカメラではすでに撮影したコマを巻上げるのを忘れて二重露光する、または未撮影のコマを巻上げてしまう恐れがあります。それを防止するのが二重露光防止スイッチです。

ローライコードVbでは、フィルムの巻き上げが完了するまでシャッターチャージが出来ない仕組みになっています。ビューレンズ左のレバーがそのスイッチです。

通常の撮影時は赤丸が隠れる方向にレバーがあると、二重露光や空送りを防ぐことが出来ます。写真のように赤丸が見えていると、多重露光が可能です。自動でリセットされないので何枚でも多重撮影が出来ます。

ライトバリュー方式

ローライコードVから、露出決定にライトバリュー方式が採用されています。ライトバリュー(Lv値)と言うと今は馴染みの薄い言葉ですが、シャッタースピードとF値の組み合わせによる露光量を数値化したものです。シャッタースピードと絞り値の組み合わせが異なっても、Lv値が同じであれば同じ露光量という考え方です。現在ではカメラに露出計が内蔵されているので、おそらくライトバリューで露出を考えることはないでしょう。

Lv値のことが分からなくても、シャッタースピードと絞り値を適正に設定すればきれいに撮れます。しかし、その操作時にこの機構の煩わしさがあります。シャッタースピードと絞り値の調整レバーが連動するのですね。連動させずにそれぞれを動かすには、レバーをちょっと押し込みながら操作しなければなりません。ローライコードV以降では、ここがあまりスマートに感じられない点です。

シャッターチャージとレリーズ

撮影レンズ下部にあるレバーがシャッターのチャージとレリーズを兼ねています。向かって右側に引くとチャージ、ニュートラル位置から左に押すとレリーズです。チャージ後のシャッタースピード変更は故障の原因になります。

左側に差し込まれている棒は、社外品の外付けのレリーズボタンです。レリーズソケットですのでレリーズケーブルも使用できます。右側にシンクロソケットが付いています。ソケット外周のレバーで着脱の際にロックがかかります。

シュナイダーのレンズ

シュナイダーと言えばカール ツァイス、ローデンシュトックと並んで世界の三大レンズブランドに列記されるほど、評判の良いレンズです。現在では中判、大判用のレンズを主に供給しています。

初期のローライコードはカールツァイス製のレンズを使用しているものもあります。シュナイダー製のクセナーが多いです。カメラ自体が年代物ですのでレンズの性能も劣化があるでしょうけれど、フィルムで撮ることを考えると満足のいく写りだと思います。

レンズシャッターにはよくあることですが、長くしまっていると油が回ってしまいシャッター羽が張り付いたり、低速シャッターが渋ってくることがあります。ときどき低速シャッターを連続で切って予防しましょう。ローライコードのやり方はフィルムを入れずに、二重露光スイッチを切って空シャッターを適当な回数切ります。

 

撮影時に関係してくると思われる箇所を記載しました。電気を使っていないカメラは大切にすれば長く使えますし、このアナログな操作感が楽しいのです。ローライコードはフィルムカメラであることもあり、あぁ写真撮ってるなぁという気持ちにさせてくれます。二眼レフ使ってるとちょっと上手くなった気もするしね、いいカメラです。

 


ローライコードVbでの作例

参考になるか分かりませんが、ローライコードVbで撮影した作例を載せます。フィルムの選択肢も非常に限りがありますが、モノクロもカラーネガも晴天時はもちろん日中は十分に撮影可能です。どの作例も日中の晴天下、F8〜F11で撮影した写真です。モノクロのフィルムはコダック T-MAX400、カラーはフジフィルム PRO400Hです。

※フィルムスキャンからPhotoshopで補正を施してあります。