ローライコードVb


写真家に愛されるカメラ

ローライコードVbはドイツのカメラメーカー、ローライ社のカメラです。当時はもちろん現在でも多くの写真家、カメラマンに愛されています。

ローライ社の有名なカメラと言えばローライ35がありますが、最も代表的なカメラはローライフレックスでしょう。ロベール・ドアノーやダイアン・アーバス、アーヴィング・ペン、ハービー・山口 氏、川内倫子氏などの巨匠が愛用していた、それがローライフレックスです。写真家であれば一度は手にしたい憧れのカメラです。

ローライコードはローライフレックスの廉価版として作られました。ローライコードはレンズが異なるほか、露出計が省かれたり操作系のレイアウトが異なるなど、作りが非常にシンプルです。現行品でローライコードは作られていません。

ローライフレックス、ローライコードは二眼レフカメラの代名詞と言えます。フィルムはブローニーフィルムを使用し、6×6(ロクロク)と呼ばれるスクエア(真四角)のフォーマットが人気です。ローライの二眼レフを真似て、国産の二眼レフもたくさん製造されました。二眼レフのレトロなスタイルが今でも根強いファンがいますよね。

 

※以下、クリックすると大きな写真でご覧になれます。


ローライコードVbの仕様

ローライコードVb

ローライコードVb 1962年発売

・レンズ:シュナイダークロイツナッハ製

  クセナー F3.5〜F16

・シャッター:デッケル製

  シンクロコンパー 1s〜1/500s , Bulb

・最短撮影距離:約90cm

・使用フィルム:ブローニー120 12枚撮り

・フィルム巻上げ: ノブ式 セミオートマット


ローライコードVbの使い方

ローライコードVbのデザイン、外観の説明です。ローライフレックスとの相違点や、ローライコードならではの操作上の注意なども記載しています。

ローライコードVb正面

正面から。たくさんレバーが付いています。ローライフレックスに比べ、ローライコードはデザインがシンプルですね。

上側のレンズがビューレンズ、ファインダー用のレンズです。下側が撮影レンズです。

ビューレンズの向かって右側のレバーがセルフタイマー、左が多重露光のためのフィルム空送りレバー。

撮影レンズ向かって右のレバーは絞り値を、左でシャッタースピードを調節します。下側のレバーを右に引くとシャッターチャージ、左に押すとシャッターが切れます。

ライカやハッセルなどメカニカルなカメラ全般に言えますが、シャッターチャージ完了後にシャッタースピードを変更すると、シャッターが壊れる恐れがあります。

 

ローライコードVb左側面

左側面。真ん中にフォーカシングノブ、ASA(ISO感度)設定ダイアルがあります。ただしローライコードVbには露出計が付いていないので、ISO感度を忘れないためのメモにしかなりません。距離目盛はメートルではなくフィートのみです。ローライコードVまではフォーカシングノブは右側面に付いていました。

ローライフレックスは露出計が内蔵されているので、感度を正しく設定しておくのが良いでしょう。上下に付いているのはフィルムを着脱するノブです。スプールを固定します。

ローライコードVb右側面

右側面。フィルム巻上げノブが付いています。一コマごとに止まります。シャッターのチャージは先述の通りに別動作です。

ローライフレックスであればセルフコッキングと言って、巻上げ完了と同時にシャッターチャージがされます。

フィルム装填時はカウンターが1になるまで巻き上げる必要があります。フィルムを撮り終えた時は、カウンターに◎印が出る(空回りする)まで巻上げなければなりません。

裏蓋を開けるとフィルムカウンターがリセットされる仕組みです。

ローライコードVb背面

背面。露出(ライトバリュー)の目安がイラスト付きで記載されています。イラストがかわいいです。

裏蓋は外せます。圧板の押さえ付けが弱い場合があり、フィルムの平面性が保たれていないときがあります。

ローライコードVb底面

底面から。矢印方向にレバーを引いて留め金を外すと、裏蓋が開きます。二重ロックですね。

三脚ネジはデフォルトでは太ネジです。汎用的な三脚を使うには、細ネジ変換アダプターローライコードVb底面 を取り付けるのが良いでしょう。

ローライコードVb ファインダー部

上部からピントフードを開けた状態。ウエストレベルファインダーです。ルーペと前面の蓋を倒してスポーツファインダーとしても使えます。ピントフードの取り外し、ピントグラスの交換が出来るようになっています。

二眼レフではファインダーで見える像は、上下正像、左右逆像です。

カメラストラップ左右の穴に通すことが出来ます。ローライフレックスはストラップの留め金が特殊で難儀しますが、ローライコードはよく見かける平たいストラップであれば、使える場合が多いでしょう。

以上、ローライコードVbのあらましについてご説明させて頂きました。ディテールに関しては次回にご説明したいと思います。