洗濯竿

洗濯竿と言えば洗濯するときに使用するものですが、撮影の機材としても有能です。結構当たり前に使ってるフォトグラファーもいるでしょう。バック紙とかトレペとか吊るときに使います。

 

バック紙の心棒としてマンフロットのエクステンションチューブとかエクスパンがカメラ機材としてあるけれど、洗濯竿の方がもちろん安いし伸縮も容易です。エクステンションチューブも長さを組み合わせることが出来るので、多少の長さの調整は可能です。ということは分離も出来るので持ち運べるのですが、洗濯竿の方がやはり便利はいいでしょうね。マックス3mあれば色々と吊るせます。ホームセンターで売ってるものを活用すれば、機材代を浮かせることも出来るのでちょいちょい東急ハンズなんか行ったりしてて。まぁまぁ、フォトグラファーとしての体裁とか格好は多少気にしつつ。

 

Manfrotto エクスパン ペーパーホルダー メタルチェーン付 046MC


バック紙ホルダー。バック紙の両端に取り付けてフックに掛ける。チェーンが付いているので巻き上げが簡単です。

バック紙の芯に対して挟み込むだけなので、掛けっ放しにしているとバック紙が曲がってくるので注意です。Uフックには掛けられません。



Manfrotto エクステンションチューブ 黒 200cm 033B Manfrotto エクステンションチューブ 黒 150cm 034B


オートポールと組み合わせてバック紙を吊るす機材です。シルバーと黒があります。適当な長さを組み合わせて使用します。パイプを繋げるだけなので使用するときは、接続面をテープで固定しておく方が良いですね。