Novoflex マウントアダプター

同一のメーカー Novoflex(ノボフレックス)のマウントアダプターのページです。現在も使用しているニコンFマウントをキャノンEFマウントに変換するマウントアダプターの紹介です。

 

主にキャノン製品を使っているのですが、以前はニコン製品を使用していました。買い替えの際に同様の装備にしたのですが、予算の兼ね合いからPCレンズとマクロレンズはニコンのレンズを使い続けています。PCレンズのフォーカスはマニュアルです。そしてマクロレンズもスタジオでの使用が主なので、マニュアルフォーカスで間に合います。

 

あとはキャノンボディにニコンレンズを装着するだけ、ということでNovoflexのマウントアダプターを使用しています。この場合レンズ2本を買い替えることを考えれば、マウントアダプターの方がコスパがいいです。実際ニコンF → キャノンEF変換のアダプタはたくさんありますが、Novoflexを選んだわけは品質が良さそうに感じたからです。

 

そもそもアダプターを使うのはこのケースが初めてでした。あまりに安作りの製品を選んでしまうと、それぞれのマウント面がダメになってしまうリスクがあるのではないか、という懸念もありました。Novoflexのマウントアダプターは期待通り、作りもよく脱着もし易く満足です。

 


Novoflexマウントアダプター 取り付け面

ボディ側の取り付け面です。実際にレンズにはめた状態で、レンズをボディに取り付ける際には、赤点の部分がボディのレンズ取付指標に合う位置で装着できます。キャノンの純正レンズと同じ要領です。

赤点のそばにあるレバーが、アダプターの解除レバーです。慣れるまでレバーが固いと感じられます。

Novoflexマウントアダプター レンズ側取り付け面

レンズ側の取り付け面です。マウントアダプターはレンズに装着してから、ボディに取り付けましょう。頑丈そうですが薄い作りなので、レンズに装着しても目立ちません。

Novoflexマウントアダプター 取り外しレバー

解除レバーのアップです。取り外しの際にレンズの後玉に触れたり、傷つけたりしないように注意します。

Novoflexマウントアダプター 装着状態

ニコンレンズにNovoflexマウントアダプターを装着している状態です。ロックピンが沈んでいる状態で、アダプターがしっかり装着されています。

ロックが効いていると解除レバーを引かない限り、簡単には外れません。ガタツキもなく、マウントアダプターを付けているという違和感はありません。

Novoflexマウントアダプター ケース

 

付属のケースです。リアキャップも付いてます。


マウントアダプターとは

マウントアダプターとは、一眼レフのマウントの異なるレンズとボディを組み合わせる際に使用するアダプターのことです。カメラボディのメーカーであればおおよそレンズも作っていますが、メーカーが違うとそのままでは取り付けられません。カメラメーカーによって、ボディとレンズがくっつくマウント面の形状が異なるためです。例えばニコンのデジタル一眼レフにペンタックスのレンズを取り付けたいとしたら、ペンタックスのマウントをニコンのマウントに変換するアダプターを介さなければなりません。

 

ボディもレンズも全て純正でいつも同じメーカーのものを使っていれば、マウントアダプターはあまり必要ではないかも知れません。しかし同じメーカーでも昔のマニュアルカメラの時代のレンズと、現在のレンズとでマウントが異なる場合もあります。また、デジタル一眼とミラーレス一眼でマウントが違うというケースもあります。また、ボディに関わらずお気に入りの描写のレンズを使い続けたいとすれば、マウントアダプターが必要になってきます。