商品撮影のカメラ


商品撮影に使うカメラはどのようなものがいいのか

 

デジタルカメラの種類が増えて、スマホのカメラでも綺麗に写真が撮れる現在では、わざわざ考える必要はないのかも知れません。そもそも商品撮影をする必要があるのは、企業やECサイトをされている方、小規模であれば個人の方も含まれます。ウェブで商品を売るためには商品の写真を掲載しなければなりません。言うまでもなく商品写真は大切です。いい写真を使うには、プロのカメラマンやフォトスタジオに撮影を依頼するのが堅いでしょう。

 

 

しかしデジタルカメラやスマホがあれば誰でも写真は撮れるので、自分で済ませてしまうということも出来ます。デジタルカメラはフィルムのように撮影枚数に制限はないので、納得できるまで商品撮影が可能です。写真撮影に自信がある場合、簡単に取れるものを扱っている場合は、このように商品撮影を済ませてしまうのがベターです。浮いた外注費で設備を整えましょう。

 

一眼レフとレンズを揃える

素人が撮影する場合でも予算の範囲内でカメラ自体はいいカメラで、照明など設備があるに越したことはありません。小物の撮影であれば簡易スタジオというか、いい感じに撮れる撮影セットが販売されています。

カメラに関して言うと、画質という点ではコンパクトカメラや、ミラーレスタイプのカメラでも問題はないでしょう。上手に撮ればスマホの画素数でも使用に耐えるでしょう。

 

でも、商品撮影にお勧めするカメラは一眼レフです。交換できるレンズが多いというのが一番のポイントです。他のタイプのカメラより拡張性が高いこともあります。使えるレンズが多いと、撮影できる商品の種類も増えます。せめて標準のズームレンズとマクロレンズは欲しいですね。この2種類があれば、大きなものから小さなものまで楽に撮れると思います。ざっくりと商品撮影にあったらいいというものは

 

  • 一眼レフカメラ
  • 標準ズームレンズ
  • マクロレンズ
  • 三脚
  • 照明
  • レフ板
  • 背景紙

 

 

などなどです。全て揃えるとなると予算も必要でしょうし、知識や技術も必要になってきます。商品撮影のクオリティーに対して、カメラ一式を揃えて自分で撮影するのと、カメラマンへの外注費とどちらが費用対効果が高いのか、判断が大事ですね。